メニュー

膀胱の病気

膀胱の病気には、膀胱炎、膀胱がん、過活動膀胱などの病気があります。

膀胱炎

膀胱炎は比較的女性がなりやすい病気とされています。急性膀胱炎の多くは細菌感染症です。抗菌薬による治療が第一選択となります。尿検査を行い、診断を確定します。我慢せず、気軽に御来院ください。また、膀胱炎を繰り返す場合は、神経因性膀胱や膀胱結石、膀胱がんなどが隠れていることもありますので、適宜超音波検査などを行います。

膀胱がん

膀胱がんは、膀胱粘膜にできるがんで、自覚症状のない血尿が出た際に注意が必要です。症状のない血尿が出た際は、早期の検査・診断が重要となりますので、すぐにご相談ください。

過活動膀胱

過活動膀胱は、尿意切迫感(急に尿意を催し、尿を我慢できないような感覚)をメインとし、その他、頻尿や尿失禁を伴う病気です。近年患者さんの数が急増しています。治療薬の選択肢も多くなっていますので、お気軽にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME